すこやか地肌で「治らない」人への効果的な使い方

すこやか地肌で「治らない」人への効果的な使い方

すこやか地肌で「治らない」人への効果的な使い方

 

頭皮のかゆみやフケは毎日のストレスですよね。
すこやか素肌をつけても痒みやフケが治まらない、使っていてもなかなか治らないのでは、さらにストレスになってしまいます。

 

経験者の私からですが、すこやか地肌で「治らない」人への効果的な使い方をアドバイスできたらと思います。

 

 

一番キレイな状態で塗る

風呂上がりのシャンプー後、頭皮が一番キレイな状態で塗ることが肝心です。成分の肌への浸透性も違ってきます。

 

 

いつ塗っても良い

これは私の体験談ですが、使い始めて1週間ぐらいのところで、塗った直後は潤っていて調子が良いんですが、乾くとまた乾燥してきていました。このあたりではかゆみはありましたし、フケもありました。

 

そこで、朝晩関係なく、かゆいと感じたらすぐに塗るように心がけました。会社にも持って行きました。

 

これが功を奏し、だいぶ改善方向へ向かっていったと思います。

 

すこやか地肌は薬ではないので、いつ塗ってもどれだけ塗ってもOKです。保湿液と思って気軽に使うのが良いと思います。

 

参考:
⇒私のすこやか地肌口コミ

 

 

改善イメージをもつ

プラセボ効果ってご存知ですか?

 

実験で全く薬効成分の入っていない薬を飲んでいる人でも、本物の薬を飲んでいる人のような改善効果が少なからずあるというものです。

 

プラス思考でこれから良い方向に転がっていくと思うことで、脳が錯覚して事態が好転していくというものです。

 

病院へ行っても治らない方の口コミのまとめはこちらですが、多数の方が改善しています。

 

改善イメージは

つけた後は潤っている
⇒1週間〜1ヶ月くらいで少しづつかゆみがおさまる
⇒3ヶ月ほどでキレイな頭皮に。完治に近づく

 

という感じです。

 

どうせ使うなら、「どうせダメだろう」じゃなくて、改善イメージを持って使う方が自分にとってプラスになるというものです。

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



すこやか地肌 効果トップへ