すこやか地肌 症状に対する効果

頭皮の脂漏性皮膚炎の治療法と自分で出来る対策

頭皮の脂漏性皮膚炎の治療法と自分で出来る対策

 

頭皮の脂漏性皮膚炎の症状

シャンプーをしても頭皮がすぐベトベトになる。フケが大量に出る。頭皮が痒い。頭皮が臭う。
こういった症状は頭皮の脂漏性皮膚炎の可能性があります。

 

脂漏性皮膚炎で炎症した部分の皮膚が剥がれ落ちるので、頭皮が赤くなり痒みを伴い、大量のフケが出るという特徴があります。
頭皮のアトピー性皮膚炎と症状は似ていますが原因は全く異なるものです。

 

頭皮の脂漏性皮膚炎の原因は「カビの一種(真菌) マラセチア」の大量発生になります。

 

マラセチアって?

さて、「マラセチアとは一体何なのか?」マラセチアの正体は誰の皮膚にでもいる常在菌になり普段は無害な菌になります。このマラセチアは皮脂や汗などの分泌液が大好物で、それらの成分を餌にして急激に増殖し脂肪酸という物質を作りだします。

 

頭皮の脂漏性皮膚炎はマラセチアが頭皮の過剰な分泌液を食べ大量発生し、その時に作られた脂肪酸が頭皮の皮膚を刺激させ炎症をおこさせているものになります。

 

また脂漏性皮膚炎は脱毛症状を併発しやすく、頭皮湿疹の中では一番かかりやすいものになります。アトピー性皮膚炎と同様に慢性化しやすいものになりますので症状が軽いうちからしっかりと治療をおこなうが大事です

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎かな?と思ったら

頭皮の脂漏性皮膚炎の治療法と自分で出来る対策

 

まずは皮膚科、病院、頭皮を専門に扱う治療院で診てもらいましょう。頭皮の脂漏性皮膚炎の治療で大切なのは頭皮の炎症を抑え、マラセチアの活性を抑えることです。

 

頭皮の状態に合わせた塗り薬を処方してもらい、併せて自分での頭皮ケアをしていくと早い期間で完治することが可能です。慢性化する頭皮湿疹は精神的にも大きなストレスがかかりますので、そのストレスを溜め込まないためにも専門医の受診をお勧めします。

 

 

治療に併せて出来る自分の頭皮ケア〜再発防止にも繋がります〜

 

シャンプー


まずはシャンプーです。頭皮の脂漏性皮膚炎の治療では、抗真菌薬が含まれたシャンプーを使用することがあります。こちらに替えるとマラセチアの活性を抑えることができるのです。

 

代表的なものが、持田製薬のコラージュフルフルネクストシリーズです。

 

 

日本で初めてシャンプーとリンスにフケ原因菌(頭皮のカビ)の増殖を抑える「ミコナゾール硝酸塩」を配合しる製品で、かつ低刺激なので、安心度の高いシャンプーです。

 

持田ヘルスケア コラージュフルフルネクスト

 

コラージュフルフルネクストは医薬部外品として市販されているので手に入れやすいものになります。ただ、妊娠中や皮膚の炎症が見られる場合などは使用を控える場合がありますので使用する前に医師、薬剤師に相談しましょう。

 

また、頭皮の脂漏性皮膚炎が完治した後は頭皮に刺激の少ないシャンプーや石鹸に替えると健康的な頭皮を保つことができます。

 

 

またシャンプーの仕方も大事です。頭皮の脂漏性皮膚炎は皮膚が炎症を起こしているため、熱いお湯でのシャンプーは控えてください。またフケが出るからといって頭皮に爪をたてないように注意しましょう。頭皮の状態がますます悪化してしまいます。頭皮をなでるように洗うのがポイントです。そしてシャワーで十分なすすぎを行ってください。頭皮の隅々までしっかりシャワーをあて洗い残しがないようにしましょう。大事なことは頭皮をこすらないことです。

 

頭皮の保湿

 

頭皮を保湿することもまた大事な要素です。肌に化粧水のつけるのと同じように頭皮につけることで、頭皮を保湿して症状を和らげる、健康に保つなどを目的とした保湿液もあります。

 

脂漏性皮膚炎に悩む方で、効果が高かった方もいらっしゃいます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

参考記事:

脂漏性皮膚炎(湿疹)に悩む方へのすこやか地肌の効果

 

食事の改善

 

次に食事の改善です。頭皮の脂漏性皮膚炎は食生活も大きく影響します。油っこい食事が続いていませんか?こんな食生活が続くと頭皮の皮膚の分泌量が増えてマラセチアの増殖をすすめてしまいます。毎日の食事で油っこいものが続かないようにバランスの良い食事をとりましょう。

 

食べ物では、ビタミンCB2B6は脂漏性皮膚炎治療に大きな味方です。

 

ビタミンCは生野菜や果物に多く含まれ、血管や頭皮を丈夫にする働きがあり頭皮にとって大事なコラーゲンの吸収を助けてくれます。

 

ビタミンB2は牛肉、豚肉、鳥などのレバー、納豆、ヨーグルトなどに多く含まれ、たんぱく質や脂質の分解に必要なアミノ酸の生成を助け脂肪を減らしエネルギーに変えてくれます。また免疫力を強化する働きもあります。

 

ビタミンB6はマグロ イワシ カツオなど魚に多く含まれ、皮脂を抑え頭皮が炎症するのを抑える効果があります。これらのものを意識しながらとると皮膚の代謝を改善してくれるので頭皮の回復を早める効果があります。手軽にとれる食品からで構いませんので毎日の食事に少しずつでも取り入れてみましょう。

 

紫外線をさける

 

外では紫外線をさけることをお勧めします。紫外線は皮膚のダメージを促進します。紫外線が強い時期は帽子や傘で日よけをして頭皮に負担がかからないよう工夫しましょう。帽子はむれないものが望ましいです。

 

睡眠の確保

 

最後に睡眠の確保です。頭皮のアトピー性皮膚炎でもお話ししましたが、睡眠は健康的な頭皮をつくるにはとても大事です。質の良い睡眠が得られると成長ホルモンがしっかり分泌され細胞分裂を活発化させます。この成長ホルモンが一番分泌される時間帯が22時〜2時のゴールデンタイムです。この時間になるべく睡眠を確保することを続けることが大事です。

 

 

まとめ

頭皮の脂漏性皮膚炎は頭皮の炎症を抑え、異常発生したマラセチアを撃退するのが大事です。
処方されたお薬やシャンプーの使用と併せ自分の食生活の見直しを行いましょう。そして頭皮に良い生活を送ること。再発防止にも繋がります。

 

健康的な頭皮は元気な髪の毛をつくる土台でもあります。ちょっとした意識で健康的な頭皮を取り戻すことができますので、是非日常の生活に取り入れてみましょう。

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



すこやか地肌 効果トップへ